特急しなのが新型車両に

ユウガク | SBC 信越放送信州あの日あの時

この動画を今すぐ視聴

ユウガクのプランを購入して
限定コンテンツや動画全編を視聴しよう。

00:00:57 1973

1973(昭和48)年に撮影されたニュース映像です。
「特急しなの」の新型車両の運転がこの日から始まりました。
中央西線はこの年の5月に電化が完了、7月から新型車両の「381系」が順次投入されました。
スピードアップなどを目的にカーブを通過する際に車体を傾斜させる「振り子式車両」で、日本では初の導入でした。
翌々年の春までにディーゼル車は全て381系となり、しなのは全て電車で運行されるようになりました。
しなのは1995(平成7)年に383系に切り替えられ、現在も長野~名古屋間を結んでいます。
(2029年ごろには新型の385系が実用化される見込みです。)

おすすめ動画